青汁 痛風 効果

青汁の痛風予防効果

痛風は、一度発症したら完治が難しいと言われています。

 

そのため、痛風が発症しないように日頃から注意することが大切だといえるでしょう。

 

痛風を予防するためには、青汁を毎日飲んでみると良いかもしれません。

 

青汁と痛風の関係を説明する前に、まずは痛風の原因を理解しておきましょう。

 

痛風は、アルコールや過度なストレス、野菜不足などによって発症すると考えられています。

 

これらが原因となって尿酸値が高くなり、痛風が発症するというわけです。

 

痛風を予防するには、特に野菜不足に注目してください。

 

通常、過剰な尿酸は体外へ尿と一緒に排泄されています。

 

しかしながら、血液が酸性もしくは中性の状態であれば尿酸を体外へ排出しにくくなると言われていますので、まずは血液をアルカリ性にすることが痛風予防のポイントといえるでしょう。

 

血液をアルカリ性にするためには緑黄色野菜が良いとされているため、青汁を飲めば結果的に尿酸値が下がり、痛風の予防をサポートしてくれるのです。

 

ビール好きの方は要注意!

特にビール好きの方は、日頃から痛風対策を行うことが大切です。

 

なぜなら、ビールにはプリン体と呼ばれる物質が含まれているためです。

 

プリン体は痛風を引き起こす大元の原因物質とされています。

 

さらにアルコールとのダブルパンチで痛風の発症率を高めてしまうと考えられていますので、尿酸値が高いときには控えるべきでしょう。

 

どうしもビールを飲みたいなら、プリン体フリー、アルコールフリーのビールをおすすめします。