青汁 摂取量 効果

青汁の摂取量と効果

青汁には決められた摂取量というものがありません。

 

ただし、青汁のパッケージに記載されている一日あたりの目安摂取量は守ったほうが良いでしょう。

 

ここでは、目安摂取量を下回った場合と上回った場合、それぞれのケースで青汁に期待できる効果について解説していきたいと思いますので、目を通していただければと思います。

 

青汁の目安摂取量を下回った場合

目安摂取量以下の青汁を飲んだ場合、本来期待できるはずの効果を実感することができないかもしれません。

 

腸が敏感な方などは便通改善効果が期待できるかもしれませんが、効果を実感できない可能性の方が高いと考えられます。

 

ちなみに、最近発売されているほとんどの青汁は分包タイプとなっており、目安摂取量は1日1袋となっているようですので、よっぽどのことがなければ目安摂取量を下回ることはないでしょう。

 

青汁の目安摂取量を上回った場合

青汁の目安摂取量を上回る、つまり過剰摂取した場合、下痢を起こしやすくなってしまうかもしれません。

 

青汁の過剰摂取が特に健康に害をもたらすというわけではありませんが、腹痛と同時に下痢を引き起こす可能性が非常に高くなっていますので、適量を飲むことが大切です。

 

ちなみに、目安摂取量を上回って青汁を摂取したとしても、期待できる効果が高くなることはありません。

 

また、青汁を過剰摂取したら早く効果が出るということもありませんので、必ず目安摂取量を守るよう心掛けてください。