リーブ21 青汁 効果

リーブ21の青汁の効果

青汁の効果

リーブ21の青汁は、「活緑素」という商品名で発売されています。

 

メインの原材料には国産の六条大麦若葉を使用していますので、安心してお召し上がりいただけるのはもちろん、野菜不足をしっかり解消することができるでしょう。

 

また、食物繊維の一種で便通改善の特定保健用食品にも用いられている「難消化性デキストリン」がプラスされているため、便通を改善する効果も期待できます

 

ここでは、リーブ21の青汁「活緑素」のポイントを徹底解説していますので、青汁選びにお役立てください。

 

栄養成分を効率よく吸収できる

リーブ21の青汁「活緑素」では、大麦若葉を加工する際に、必要最低限の熱処理を施しています。

 

大麦若葉に含まれている栄養素の中には、高熱が加えられると壊れてしまうものもありますので、必要最低限の熱処理加工を行っているリーブ21の青汁なら、大麦若菜の栄養素をしっかり吸収することができるでしょう。

 

また、加工時には食物繊維の細胞壁を破壊しています。

 

細胞壁が残っている食物繊維は吸収されにくいという性質があるため、大麦若葉の効果に存分に期待できるといっても良いかもしれません。

 

3種類の自然材料をブレンド

リーブ21の青汁「活緑素」には、アルファルファ、ケール、明日葉がブレンドされています。

 

この中にも注目すべきは、やはりアルファルファでしょう。

 

ほかの青汁には使用されていないアルファルファですが、ビタミンやミネラルをはじめ、植物性のタンパク質などが豊富に含まれているため、高い健康効果が期待できると考えられています。