青汁 飲み方 効果

青汁の飲み方による効果

青汁は飲み方によって期待できる効果に差がつくことがあります。

 

医薬品ではありませんので、青汁に決まった飲み方というものはないのですが、より高い効果を期待するなら以下で挙げる飲み方を参考にしてみても良いかもしれません。

 

青汁の飲み方 タイミング

青汁には決まった飲み方がありません。

 

ただ、目的によって飲み方のタイミングを調整すると高い効果が期待できる場合があります。

 

青汁を便秘解消目的で飲みたいという場合、最も高い効果が期待できるとされているのは就寝前です。

 

普段から便秘薬を服用している方は、便秘薬をやめる、もしくは量を減らして青汁を飲むと良いでしょう。

 

青汁で野菜不足を補うための飲み方は、毎朝の朝食時が最適なタイミングとされています。

 

ただし、朝一で飲むことは胃腸に負担をかけてしまう恐れがありますので、青汁の前にほかの飲み物を飲むなどしたほうが効率的かもしれません。

 

ちなみに、ダイエット目的の飲み方なら、食前が良いと言われています。

 

青汁の飲み方 プラスアルファ

最近では飲みやすく作られた青汁がほとんとどなっていますが、やはり青汁特有の苦味は若干残っています。

 

そのため、牛乳などで割って飲めば青汁の味が苦手という方でも美味しくお召し上がりいただけるでしょう。

 

ただし、注意しなければならないのは糖分と青汁を混ぜないということです。

 

糖分にはビタミンBを消費する働きがあるとされていますので、せっかく摂取したビタミンBがエネルギーに変換されなくなってしまいます。