まずい 青汁 効果

まずい青汁の効果

一昔前、「まずい!」というフレーズの青汁CMが話題となりました。

 

青汁は緑黄色野菜のエキスをぎゅっと凝縮したものですので、「まずい」というより「苦い」といったほうが正しいかもしれません。

 

「良薬口に苦し」という言葉もあるように、確かにまずい青汁のほうが高い効果が期待できるのではないかと思われがちです。

 

ただ、まずい青汁は飲みたくないという方が多いというのが実際のところで、青汁メーカーは長年飲みやすい青汁の研究を進めてきたのです。

 

その成果もあり、近年発売されているほとんどの青汁は、非常に飲みやすい味となっています。

 

まずいという印象は過去のものになりつつありますので、今発売されている青汁ならどなたでも美味しく続けることができるでしょう。

 

もちろん、まずい青汁より効果が期待できないというわけではありません。

 

逆に、近年発売されている美味しい青汁のほうが高い効果を期待できるといっても過言ではないのです。

 

ケールの青汁はまずい?

青汁の原材料として主に用いられているのは、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉です。

 

このうち最も高い効果が期待できると言われているのはケールを原材料とした青汁ですが、ケールの青汁は少しまずいと感じるかもしれません。

 

野菜の王様と呼ばれているケールは苦味が強いという特徴がありますので、ほとんどのケール青汁には苦味を感じるようです。

 

ただし、ケール青汁を製造している多くのメーカーは、まずいと感じさせないようさまざまな工夫を施しており、一昔前の青汁のようにまずいと感じることはほとんどないでしょう。