青汁 レモンの青汁 効果

レモンの青汁の効果

青汁の効果

レモンの青汁は、累計販売数140万箱を記録している、大人気の青汁です。

 

商品名の通り、原材料にレモンを使用している点が大きな特徴となっており、ほかの青汁より多くのビタミンCを摂取することができるでしょう。

 

ちなみに、原材料にはケールをメインとしていますが、レモンを加えることでお子様でも飲みやすい味に仕上がっています。

 

健康効果はもちろん、美容効果を期待する女性にも大変好評です。

 

以下、レモンの青汁の魅力を分析していますので、参考にしてください。

 

国内栽培にこだわったケール

レモンの青汁の原材料に用いられているケールは、大分県産となっています。

 

大分県産のケールにはカルシウムが牛乳の約2倍、葉酸がキャベツの約1.5倍、ビタミンCがみかんの約2.5倍、ビタミンEが青ピーマンの約2倍、総カロテンがトマトの約5倍、ルテインがほうれん草の約2倍と充実した量が含まれていますので、高い健康効果が期待できるのもうなずけます。

 

もちろん、無農薬・無化学肥料のケールです。

 

スプレードライ製法を採用

レモンの青汁では、スプレードライ製法を採用しています。

 

ケールに含まれている酵素やビタミン類などは熱に弱いという性質があるため、加熱処理を施すと壊れてしまうのです。

 

スプレードライ製法は約39℃の温風で瞬間的に乾燥させる製法となっていますので、栄養素が壊れることがほとんどありません。

 

また、食物繊維の壁を粉砕することにより、栄養素の吸収効率を高めています。