青汁 高血圧 効果

青汁の高血圧予防効果

高血圧を予防するためには、血液をサラサラにする成分を摂取することがポイントとなります。

 

代表的な血液サラサラ成分として挙げられているのが、ビタミンとミネラルです。

 

このなかでも、特にビタミンC、マグネシウム、カリウムを積極的に摂ると良いでしょう。

 

ただ、日頃の食生活だけでは十分な量を摂ることができないと言われています。

 

そこで、青汁の登場です。

 

青汁には、上記で挙げているビタミンCやマグネシウム、カリウムがたっぷり含まれています。

 

実際に青汁を飲み続けたことによって高血圧が改善されたという口コミも挙がっているようですので、毎日摂取し続ければ高血圧の予防効果が期待できるでしょう。

 

ちなみに、ビタミンCには血液をサラサラに導く効果が、マグネシウムには血管の拡張をサポートする効果が、カリウムには塩分を体外へ排出する効果があると言われています。

 

高血圧を放っておくと

高血圧をそのままにしておくと、心筋梗塞や動脈硬化といった合併症が発症するリスクが高くなってしまいます

 

ただ、高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれているように、なかなか自分で気づくことができるものではありません。

 

したがって、普段から青汁で予防対策を行うことも大切ですが、毎日血圧を計ることもポイントとなるでしょう。

 

最近では自宅で計測できる血圧測定器がドラッグストアや電器店などで販売されていますので、ぜひご活用ください。

 

ちなみに、血圧を測定するタイミングは起床して30分以内や食前が良いとされています。