青汁 極の青汁 効果

極の青汁の効果

青汁の効果

極の青汁は、サントリーから発売されている青汁です。

 

2004年5月の発売以来、1億杯を突破するほどの人気を誇っています。

 

原材料には苦味に特徴のあるケールが用いられていますが、極みの青汁には煎茶と抹茶がプラスされていますので、口当たりマイルドな味となっており、老若男女問わず美味しく飲むことができるでしょう。

 

ここでは、極みの青汁のポイントをまとめていますので、ぜひご参考ください。

 

選び抜かれた国産素材を採用

極みの青汁には、熊本県阿蘇産の大麦若葉と鹿児島県屋久島産の明日葉を原材料に取り入れています。

 

大麦若葉にはビタミンやミネラルのほか、特に食物繊維が豊富に含まれているため、便秘を改善する効果が期待できるでしょう。

 

また、明日葉には話題の成分「カルコン」が多く含まれています。

 

カルコンには殺菌・消毒作用があると言われており、近年ではガンの予防にも効果が期待できると言われていますので、極みの青汁はまさに健康サポートに欠かせない青汁といえるかもしれません。

 

話題の成分「ケルセチンプラス」を配合

極みの青汁には、サントリー独自の成分「ケルセチンプラス」が配合されています。

 

野菜に含まれているポリフェノールにはさまざまな健康・美容効果が期待できると考えられていますが、体内で吸収されにくいというデメリットがあるということはあまり知られていません。

 

極みの青汁を開発したサントリーは、独自の研究により吸収性を高めたケルセチンプラスを発見しました。

 

そのため、ケルセチンに期待できる健康効果を実感しやすくなっているといえるでしょう。