青汁 血液サラサラ 効果

青汁の血液サラサラ効果

ドロドロ血液は、万病の元とされています。

 

血液がドロドロしている状態が長く続くと、新陳代謝が悪くなるばかりか動脈硬化や心筋梗塞など命を危険にさらしてしまう病気を招きかねません。

 

つまり、健康を維持するためには血液がサラサラな状態にあることが必須なのです。

 

最近では、青汁に血液サラサラ効果が期待できるということで話題になっています。

 

では、なぜ青汁に血液サラサラ効果が期待できるのでしょうか。

 

その秘密は、青汁に含まれている成分「ピラジン」が大きく関係しています。

 

ピラジンはピーマンやきゅうりなどの野菜に多く含まれている成分ですが、ドロドロ血液をサラサラ血液に導く働きがあるとされているのです。

 

ただ、血液サラサラに十分な量のピラジンを摂取するためには、毎日大量のピーマンやきゅうりを食べ続けなければなりません。

 

青汁ならピラジンを手軽に、かつ十分な量を摂取することができますので、飲み続けることで血液サラサラ効果が期待できるでしょう。

 

ワーファリンを服用している方は要注意!

ワーファリンとは、抗血液凝固作用の医薬品です。

 

血栓を予防するために処方されている医薬品ですが、青汁とワーファリンを同時に摂取することは認められていません

 

なぜなら、青汁にはビタミンKが含まれており、ワーファリンの作用を阻害してしまう恐れがあるためです。

 

したがって、ワーファリンを服用している方は青汁の摂取は控えてください。

 

ちなみに、ケールの青汁との併用は問題ないとされていますが、医師に相談したほうが確実でしょう。