青汁 血糖値 効果

青汁の血糖値抑制効果

青汁の効果

青汁には血糖値抑制効果が期待できるとされています。

 

血糖値が高い状態が長く続くと糖尿病の発症リスクが高くなってしまいますので、血糖値を正常に保つということは健康的な生活を送るうえでとても大切なことです。

 

血糖値は、血液中にブドウ糖が過剰にあると高くなってしまいます。

 

健康な方でも食事を摂った後には血糖値が高くなりますが、これは一時的なものです。

 

しかしながら、ブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンが正常に機能しなくなると血液中のブドウ糖濃度が増し、血糖値が高くなってしまうでしょう。

 

血糖値の上昇を抑制するためには、食物繊維を摂取することが大切です。

 

ただ、近年は食物繊維不足に陥っている方が多いといわれています。

 

青汁なら手軽に食物繊維を摂ることが可能となっていますので、結果的に青汁に血糖値抑制効果が期待できると考えられるのです。

 

桑の葉やゴーヤの青汁がおすすめ

青汁にはいろんな原材料が使用されていますが、血糖値抑制効果を期待するなら桑の葉やゴーヤを原材料にしている青汁を選ぶことをおすすめします。

 

桑の葉は昔から血糖値上昇抑制効果が期待できるということで知られており、民間療法にも用いられています。

 

また、ゴーヤには血糖値を下げる効果が期待できるとされているモモルデシンとチャランチンが含まれていますので、高い血糖値抑制効果が期待できるといえるでしょう。

 

ちなみに、ゴーヤには植物インスリンが含まれているため、血糖値を安定させるためには最適かもしれません。