青汁 効果 比較

青汁の効果を比較

青汁の効果

青汁を選ぶ際には、効果を比較することが最も大切かもしれません。

 

青汁の原材料には、主にケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉が用いられていますが、ここではそれぞれの原材料を採用している青汁を期待できる効果で比較していますので、参考にしていただければと思います。

 

ケールの青汁に期待できる効果

ケールは「スーパー野菜」の異名を持ち、野菜の王様とも言われています。

 

これは、ビタミン類の含有量はもちろん、ミネラルや食物繊維がほかの青汁に用いられている原材料より多いとされているためです。

 

ケール独特に苦味が気になるかもしれませんが、免疫力を高める効果が最も期待できる青汁といえるでしょう。

 

大麦若葉の青汁に期待できる効果

大麦若葉は、健康と美容の維持に必要な栄養素がしっかり含まれています。

 

ケールと比較すると見劣りしてしまうかもしれませんが、クセのない味になっていますので、どなたでも気軽に飲むことができるでしょう。

 

大麦若葉の青汁は、野菜不足を手軽に補いたいという方に特におすすめです。

 

明日葉の青汁に期待できる効果

明日葉には、食物繊維とカリウムが特に多く含まれています。

 

したがって、明日葉の青汁には便秘解消効果、肌荒れ予防効果、さらにはカリウムの働きによってダイエット効果が期待できるでしょう。

 

桑の葉の青汁に期待できる効果

桑の葉には、1-デオキシノジリマイシンという成分が含まれています。

 

ほかの青汁の原材料には含まれていない成分であり、糖分の吸収を遅らせる働きがあるとされていますので、特に高血糖や糖尿病に効果が期待できるでしょう。