青汁 冷え性 効果

青汁の冷え性改善効果

青汁に冷え性改善効果が期待できるということは、あまり知られていないません。

 

そもそも、野菜を食べると体が冷えると言われているのにもかかわらず、なぜ青汁に冷え性を改善する効果が期待できるのでしょうか。

 

大きな理由として挙げられているのは、青汁には血液の流れをサポートする働きがあるということです。

 

血液の流れがスムーズでない状態では、すみずみの細胞まで栄養素を行き渡らせることができません。

 

すると細胞の活動が衰えて新陳代謝が落ち、体が冷えやすい状態となってしまうのです。

 

青汁には、ビタミンCやビタミンEなど血液の流れをサポートする栄養素が豊富に含まれているため、冷え性の改善効果が期待できるといえるでしょう。

 

ただし、即効性があるものではありませんので、毎日欠かさずに飲み続けることが大切です。

 

冷え性改善目的の場合、最低でも3ヶ月以上は青汁を飲み続けたほうが良いかもしれません。

 

お湯やホットミルクで青汁を割ろう

現在市販されている多くの青汁は、水に溶かして飲むように作られています。

 

ただ、冷え性を改善したい場合、お湯やホットミルクで割って飲むとより高い効果が期待できるでしょう。

 

当然、冷たい水で割って飲むより、温かいお湯やミルクで割って飲んだほうが体も温まりやすいですので、冷え性にお悩みの方はぜひお試しください。

 

ちなみに、青汁を牛乳で割ると独特の臭みが気にならなくなり、小さなお子様での飲みやすい味になるといわれています。