青汁 効果 副作用

青汁の効果と副作用

青汁にはたくさんの健康効果や美容効果が期待できますが、副作用について心配されている方も多いのではないでしょうか。

 

確かにこれまで青汁を飲んだことがない方の場合、特に副作用が気になることでしょう。

 

ただ、副作用は医薬品の服用によってもたらされるものであり、青汁は健康食品となっていますので副作用が出ることは基本的にありません。

 

小さなお子様からご高齢の方まで安心してお召し上がりいただけますので、毎日の健康と美容効果サポートのためにもぜひ摂取してみてください。

 

ただし、副作用とまではいきませんが、青汁の効果を期待するなら以下の点に注意してください。

 

最低でも3ヶ月は毎日飲み続ける

青汁を初めて飲むという方の場合、最初のうちは腹痛や下痢が引き起こされる可能性があります。

 

これは、体が青汁の成分に慣れていないためであり、俗にいう「好転反応」と呼ばれるものですので、特に悪いことではありません。

 

数回飲み続ければ、青汁を飲んでも腹痛や下痢が引き起こされることはなくなっていくでしょう。

 

また、青汁は最低でも3ヶ月飲み続けることがポイントとなっているため、最初のうちに下痢や腹痛が起きたからといって止めるのではなく、毎日根気強く飲み続けてください。

 

ワーファリンとの併用は禁忌

ワーファリンを服用している方の場合、基本的に青汁の摂取は認められていません。

 

なぜなら、青汁にはビタミンKが含まれているためです。

 

ワーファリンはビタミンKの合成を阻害する薬となっていますので、青汁との併用は避けてください。

 

ちなみに、ケールの青汁ならワーファリンと併用できると言われています。