青汁 栄養 効果

青汁の栄養と効果

青汁の効果

青汁にはさまざまな栄養素が含まれているのはご存知の通りですが、果たして青汁に含まれている栄養にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

 

ここでは、青汁の栄養と期待できる効果について説明していきますので、これから青汁を飲もうと考えている方は参考にしていただければと思います。

 

ビタミンC

ビタミンCには、抗酸化作用や貧血予防、風邪予防、コレステロール値を正常にする作用などがあると言われています。

 

また、ビタミンCはコラーゲンの原料となる栄養のひとつですので、青汁を飲むことで健康効果はもちろん美容効果も期待できるといえるでしょう。

 

ビタミンE

ビタミンEには、ビタミンCと同じように高い抗酸化作用があるとされています。

 

そのため、血管を柔軟な状態に保つことで動脈効果などの予防効果が期待できるでしょう。

 

また、ビタミンEは女性ホルモンの分泌をサポートする栄養のひとつとしても知られています。

 

したがって、ビタミンEを含み青汁を飲めば、女性ホルモンの分泌が促され、更年期症状の緩和や予防効果も期待できるとされているようです。

 

食物繊維

食物繊維といえば、やはり便秘解消が有名です。

 

腸内で便の量を増やす働きがありますので、自然なお通じをもたらしてくれるでしょう。

 

また、食物繊維にはブドウ糖の吸収を遅らせる働きがあるとされています。

 

つまり、血糖値の急激な上昇を抑制してくれますので、高血糖や糖尿病の予防に効果が期待できるでしょう。