青汁 青汁と21種の野菜 効果

青汁と21種の野菜の効果

青汁の効果

青汁と21種の野菜は、アサヒフードアンドヘルスケア株式会社が販売している青汁です。

 

インターネット通販のほか、全国のドラッグストアなどでも購入することができます。

 

メインの原材料として使用している大麦若葉は、大分県の契約農家がしっかりした管理のもとで育てていますので、安心して飲むことができるでしょう。

 

ここでは、青汁と21種の野菜のおすすめポイントを詳しく説明しています。

 

21種類の野菜成分を配合

青汁と21種の野菜には、大麦若葉のほかに高い健康効果が期待できる21種類の野菜成分がプラスされています。

 

ケール、キャベツ、ほうれん草、セロリ、パセリ、小松菜、アスパラガス、クレソン、メキャベツ、ブロッコリー、レタス、かぼちゃ、白菜、赤ピーマン、なす、大根、赤じそ、たまねぎ、ビートが使用されていますが、なかには普段の食事ではなかなか食べることができない野菜も含まれていますので、野菜の栄養素を幅広く摂取することができるでしょう。

 

また、その他にもりんごやオレンジ、レモンなどの果汁もプラスすることにより、飲みやすさも実現しています。

 

フリーズドライ製法の導入

青汁と21種の野菜は、フリーズドライ製法(真空凍結乾燥法)によって製造されています。

 

一般的な青汁の製造方法と比較して、熱をそれほどかけることなく乾燥させることに成功していますので、野菜に含まれている栄養成分をしっかり摂ることができるでしょう。

 

もちろん、野菜の健康効果もしっかり期待できます。